うちのこでべそ?赤ちゃんのおへそが出ている…これって治るの?【赤ちゃんの臍ヘルニア】

2018年7月8日

こんにちは!
ちゃんママです。

今日は赤ちゃんのでべそ「臍ヘルニア」についてお話しします。
産まれてまもなくして、赤ちゃんのおへそが出てきて心配しているママは多いと思います。
私も長女・次女ともにおへそが出ていて、とても心配しました。
お宮参りの時に神社の神様に何ともないことをお祈りするくらいに。笑

特に長女はひどかったんです。本当に。
この記事の上部の挿入画像のおへそ、フリー素材だと思いました?実は我が子のおへそなんです
でも、1歳10か月の今、治っています!!
こんな感じに…

少し引っ込みは足りないようにも思いますが、脱腸はしていないのでひとまず安心です。

お子さんがでべそで心配しているママのために、我が子がどのようにして治っていったのか書いて行こうと思います。
大丈夫!ほとんどの場合が1歳までに治ります。
わたしや私のママ友にもでべその子たくさんいました。
以外と多いんですよ!

長女の臍ヘルニアが治るまでの過程

長女の場合、1ヶ月検診時のすぐあとにおへそが出てきました。
おへそ押してももどってくる状態です。
様子を見ていると1週間ほどでだいぶ大きくなっており、病院を受診するか様子を見るかで迷いました。
しかし、2ヶ月過ぎた頃から予防接種が始まるので、その際に小児科の先生に相談することに決めました。
その間にもどんどん大きくなるので、ネットでケアの方法を探したりしましたが、おへそを押さえても意味がないというようなことが書かれている記事もあったりして、結局何もせずにいました。

そして、生後2か月の予防接種で小児科の先生に相談すると、大きい病院の紹介状を書いてもらい専門の病院を受診することになりました。

大きい病院を受診したところ、先生には

  • 1歳までには多くの子供がおへそが引っ込むので、1歳まで様子をみること
  • 臍ヘルニアで怖いのは嵌頓を起こすこと、嵌頓を起こしたらすぐに病院へ受診すること
  • 1歳~2歳を過ぎて来ると、臍ヘルニアの手術が必要になること
  • おへそのケアの方法

以上の4点について説明を受けました。

大きい病院で様子を見ることを言い渡されましたので、教えてもらったおへそのケア方法を毎日行っていました。
そして生後5月のことです。出ていたおへそは少しずつへっこんでいきました。

そして生後6ヶ月には、今のような状態のおへそになっていました。

念のため10ヶ月検診の際におへそを見てもらいましたが、脱腸している様子はないので、臍ヘルニアは感知していると言われました。

以上が我が家の長女の臍ヘルニア発症から、治るまでの様子です。

臍ヘルニアって何?

臍(サイ)ヘルニアとは、おへそが飛び出した状態(でべそ)になることです。
臍ヘルニアは、臍の緒がとれた後からおへそが出てきます。

赤ちゃんのお腹にも、大人と同じだけの内臓が詰まっています。
その為、赤ちゃんの小さいお腹はパンパン。
背骨があるので、後ろに出っ張ることは出来ないので、前側へ出てきます。
その時に、おへその下にある筋肉がまだ完全に閉じていない為、押さえきれずおへそが出てきてしまいます。
そのおへそを押してみると、グジュグジュという音をたてて引っ込みます。
泣いたり、いきんだりとお腹に力が入ると、またおへそが出てきます。

もちろんおへそが出ているのは、出産時に臍の緒の切り方が悪かったわけではありません。
5~10人に1人の割合で見られ、生後3ヶ月頃まで大きくなりますが、お腹の筋肉が発達してくる1歳頃までに治ることがほとんどです

臍ヘルニアで気をつけたいことは嵌頓!嵌頓って何?

おへそが飛び出していても、押したときにグジュグジュと音を立てて引っ込むようなら大丈夫です。
嵌頓とは何かというと、おへそが出てしまった状態で筋肉が閉じてしまい、押しても固いまま戻らなくなってしまう状態のことです。
脱腸したまま筋肉が閉じると、腸が筋肉に挟まれた状態になり、血流障害を起こしてしまいます。
このような状態になることは極めて稀だそうです。
万が一このような状態になると、赤ちゃんは激しく泣き続けます。
もし激しく泣いて、飛び出したおへそが固くなり、押しても戻らなくなってしまった場合は早急に病院を受診する必要があります。すぐ手術をしてください。

臍ヘルニアになったらどうすれば良い?

1.まずは病院を受診しましょう

おそらく様子を見るよう告げられるか、大きい病院を紹介されるかするでしょう。
予防接種の際に相談すると良いと思います。

2.おへそのケアをしましょう

薬局やドラッグストアで販売されている、綿球をおへその上にのせて、腸を押し込みます。
そしてかぶれにくいようなテープで圧迫するように張って下さい。
毎日入浴前にテープを張り替えます。
お子さんのおへそよりも、少し小さい綿球を使用するのがポイントです!

うちのこでべそ?赤ちゃんのおへそが出ている…これって治るの?まとめ

我が家の長女は、先生にもひどいと言われるほど、おへそが出てしまっていました。
しかし生後6ヶ月頃には治りました!
おへそが出ていることをとても心配しているママは多いと思います。
90~95%の赤ちゃんは1歳頃までに自然と治ると言われていますので、あまりおへそが出ていることを気にしすぎず過ごしてくださいね!
1ヶ月児 おへそ押してももどってくる!おへそが出ているけど治るの?と、とっても心配になると思います。(その気持ちとってもわかります!!)
そして、治らなかった時の手術に関する記事とか読んで、全身麻酔?!とへこんだりしたことがあります。
あまり心配しても辛くなるだけなので、ひとまず”可愛いおへそスイッチ”位の感覚でいることをオススメします。

我が家の次女も、生後3か月頃におへそが出ていましたが、生後4ヶ月には引っ込みました。
こちらは一切ケアをしていません。

赤ちゃんが号泣すると、おへそがますます出てくるので、心配にはなると思いますが、やぶれることはないので安心してください。
いきむとおへそが出てきてしまい、おへそがもしかして痛いのかも!と不安になってしまうこともあると思いますが、その際には落ち着いてゆっくり、おへそを押し戻してみて下さい。※泣いているとおへそが固くなるので、焦らず少し落ち着かせて、ゆっくりと押してみて下さい。

嵌頓は稀なので、なかなかなることはありませんが、万が一の為に頭に入れておきましょう!
もっと詳しく知りたい場合は、かかりつけの小児科に相談してみると良いと思います!