カリキュラム(教育課程)【保育士試験 教育原理】

こんにちは。ちゃんママです。

今日はカリキュラムについてです。

ちゃんママは高校時代バスケ部でした。
そしてある時バスケの試合で失敗をして同級生のキャプテンに怒られたことがあります。
キャプテン「カリキュラムどおりの動きじゃなくて○○してほしかった!!怒」
ちゃんママ「わかった、そうだよね、ごめんね」と言っていましたが
頭の中では…
カリキュラム?!マニュアルじゃなくて?!カリキュラム?!
あれ、カリキュラムってなんだっけ?あの授業のやつだよね?あれ?あれ?
ってなっておりました。

カリキュラムとは、教育をスムーズに行う為に教育の目的に沿った内容を選び、順序良く組み立てたものです。

何を、いつ、どのように教えるか。

きっとキャプテンは私に「マニュアル通りの動きじゃなくて、もっと柔軟に対応してほしい」と言いたかったんですね。
そうです、私はマニュアルに忠実すぎて応用がきかない女なのです(T T)応用ってむずかちい…

カリキュラムの種類

知的体系カリキュラム=教科カリキュラム
生活経験=経験カリキュラム

です。文字通りですね。

さらに、教科間の関連をどのように配置するかによって

  1. 教科並列型カリキュラム
  2. 相関カリキュラム
  3. 融合カリキュラム
  4. 広領域カリキュラム
  5. コア・カリキュラム

以上のように分けられます。

教科カリキュラム

系統的に教えるように編成されたカリキュラム。

特徴
こどもに教えたい内容を大人が選ぶため効率よく学べます。

欠点
子どもの理解・興味関心が反映されにくく画一的。

経験カリキュラム

学習者の興味や関心に基づいて編成されるカリキュラム。

特徴
体験学習や問題解決学習が多く取り入れられている。

欠点
必要な知識や技能が網羅されない。

教科並列カキュラム

多教科が1教科1教科並列に配置されています。


地理・歴史・公民・生物・科学・物理・地学

相関カリキュラム

2境界上の内容を関連付けて学習できるようにしたカリキュラム。


地理・歴史・公民の共通要素を関連付けて組織していくので教科間の相乗効果が期待できる。

融合カリキュラム

教科の枠を残しながらも、複数の教科を融合してより大きな学習領域で編成するカリキュラム。


地理・歴史・公民を社会科という新しい教科として学習します。

広領域カリキュラム

教科をいくつか合わせたり、教科内容をとうごうしたりしてできたいくつかの領域を構成する形態。

コア・カリキュラム

特定の領域や問題を中核(コア)として、教科の統合を目指すカリキュラム。

子どもの生活上の問題解決のための単元学習を中心課程におき、その周辺の知識や技能を習得するための科目や領域をおくため、重層的な構造を持つ形態。

潜在的カリキュラムと顕在的カリキュラム

教えようと思っていないにもかかわらず、子供たちが知らず知らずのうちに影響を受けて学んでいくことを潜在的カリキュラムと言います。

逆に、教育目標に沿って、意図的・計画的に編成されたカリキュラムのことを顕在カリキュラムと言います。

過去問

平成29年後期

問9 次の文のうち、「経験カリキュラム」の説明として適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 学ぶ内容をそれぞれの分野に分けて系統的に教えるように編成している。

B 教科ごとに時間割が決められ、学年ごとに習得すべき内容を編成している。

C 学習者の活動や体験を中心としながら学びを進めていくように編成している。

D 子どもの興味関心とのずれが生じやすく、学習意欲を持続しづらい。

(組み合わせ)

1 ×
2 × ×
3 × ×
4 × × ×
5 × × ×

正解
5

平成27年

問8 次の【Ⅰ群】の記述と【Ⅱ群】の語句を結びつけた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】
A 個人の興味関心が尊重できるが、習得する知識や技能に偏りができることがある。

B 系統的に教えることができるため、既習事項の把握を行いながら、効率的に多くのことを学ぶことができる。

C 体験学習や問題解決学習が多く取り入れられる。

【Ⅱ群】
ア 教科カリキュラム

イ 経験カリキュラム

 

(組み合わせ)

1
2
3
4
5

正解
4

平成22年

問7 次の文の(  )にあてはまる語句として、最も適切なものを一つ選びなさい。

(  )とは、主として学校において、子どもたちが学校の文化ひいては近代社会の文化としての価値、態度、規範や慣習などを知らず知らず身につけていく一連のはたらきのことである。無意図的に、目に見えない形ではあるが、子どもたちに影響を及ぼし、その発達を方向づけていく。

 1 融合カリキュラム
 2 経験カリキュラム
 3 潜在的カリキュラム
 4 顕在的カリキュラム
 5 コア・カリキュラム

正解
3